やりたいことを口にしていると叶う3つの理由

「やりたいことを口にしていると叶う」というお話をどこかで聞いたことがありませんか?

あれはある程度事実だなーと私は思っています。

当然、言うだけでいい、などとは言いませんが、一理あるんですよね。

コーチングセッションをやっていてもつくづく思います。

ここでは「やりたいことを口にしていると叶う」3つの理由を紹介します。

周りの人の協力が得られる

やりたいことを口にしていると、「周りの人の協力が得られる」ということがよくあります。

「そういえばこんなこともあったよ」という感じで、教えてもらえるんですよね。

あなたも、友人が「ラーメン大好き」と言ってたら、ラーメン屋さんの1つや2つ紹介しますよね。

それと同じです。

私は「長野に移住したい」と言っている人がいたら、長野に移住した1人として情報提供したくなります。

自分が困難だと思っていることでも、周りには解決済みの人だっているわけで、とにかく周りに話していると確実に情報が集まってくるものです。

浅間山

やることが明確になっていく

あと、話しているうちに段々やることが明確になってくるんですよね。

最初はおぼろげに「こんなことがしたいなー」くらいであっても、人に話していると「それってなに?」とか「どういうこと?」とか聞いてくれます。

「長野に移住したい」とか言ってみれば、周りの人は「どこに行きたいの?」とか「何がしたいの?」とか「こういうのもあるよね?」とか色々聞いてくれます。

そうやって疑問を投げかけてもらっている中で、自分のやろうと思っていることがどんどん明確になっていきます。

何にしてもそうなのですが、より具体的で明確であればあるほど、実現する可能性は高まります。

ぼんやりしている時点では、何をしたらいいかすらわかりませんからね。

色々な人に話すということは、別の視点で自分のやりたいことを見つめるチャンス。

話しているうちにどんどん具体化していき、やりたいことが実現していきます。

日が昇る佐久平駅

「やる」と決めることができる

これが一番重要なことなのですが、「やる」と決めることができます。

「やる」と決めていれば、チャンスがあれば飛びつきます。

チャンスなんて感じたこともないとか、飛びついたことも無いという人は、多分なにも「やる」と決めてない人です。

「やりたいんだけど・・・」くらいの状態だと、たとえ誰かからいい情報が出てきたり、チャンスが訪れても、気づくことすらなかったりします。

あなたがいい情報を持っていたとして、「やろうと思っている人」と「やると決めている人」のどちらに話を持って行きたいでしょうか?

駅前の超立地がいいところで空きテナントを見つけたとして、「ラーメン屋をやろうかどうか悩んでいる人」と「ラーメン屋を絶対やる!と宣言している人」がいたら、どちらに紹介したいか、ですね。

結局、自分が「やる」と決めてないと、何も実現しません。

そして、周りの人に話しているうちに、自然と決意しちゃうということはよくあります。

やりたいことを口にしていると実現する理由の1つは、こういうこともあるのでしょうね。

咲き始めた梅

おわりに

やりたいことを口にしていると実現する3つの理由を考察してみました。

コーチングセッションをやっていると、このことは本当に強く思います。

というのも、まず「どうなりたいか」を言ってくれないと、コーチングってはじまらないのですよ。

そこが決まらないと、どこにも向かえないんですよね。

そして、セッションの中で最も時間がかかるのは「どうなりたいか」を聞くことだったりします。

そこがバシッと決まると、あとはサクッとまとまることが多い感じがします。

おぼろげな状態でも全然構わないので、あなたが信頼できる人に、自分が「やりたいこと」を口にしてみるのもいいのではないでしょうか。

そうしているうちに、「やりたいこと」が形になり、実現していきますよ。

コーチングセッションお問い合せ

    お名前 (必須)

    メールアドレス (必須)

    メッセージ本文 (必須)

    関連記事:

    タイトルとURLをコピーしました