[書評]「フォーカルポイント」人生を思い通りにするなら、本当に大切なことに集中すべし。他はやらないと決める

「フォーカルポイント」を読みました。
以前から気になってはいたのですが、ようやく読めた感じですね。

Sean 201411180101

本書はものすごく端的に言うと「20:80の法則を徹底的にやれ!」というメッセージを訴えている本だと思いました。

「20:80の法則」を徹底せよ!

「20:80の法則」については、いろいろな分野でいろいろな解釈が飛び交っていますが、ビジネスで言えば、上位20%の顧客が80%の売上を占めている、といったお話です。

この時、上位20%の顧客に絞ってサービスを強化していけば、より効果が高くなり、売上が上がっていきます。

下位80%にかける時間や労力を、上位20%に集中した方が結果がでやすいということです。

これは人生全般で言えそうなことですね。

人生で大切な20%のことに集中すること

人生で100のやることがあるとして、本当に大事なのはせいぜい20程度。

そこに集中するか、残りの80にも気をちらして、そこに労力をかけてしまうかで人生の質が変わります。

自分が何をしたらいいかよくわかってないと、日々発生するものをあまり考えずにやってしまうので、忙殺されてしまいがちです。

やらないことは、やらないと決め、本当にやるべきことに集中することを本書は訴えています。

このことについて、端的に書かれている部分がありました。

あなたが欲しいものや、どうしたらそれが手に入るかを集中して考えつづければ、他のことをするよりも、より早く確実に前進できるのだ。

まさにそうなんですよね。

とはいえ、自分が本当にやるべきことって何でしょう?
そこがわかれば苦労しないよ、という話もあります。

人生に変化をつけているか

自分が本当にやるべきことがわからないなら、自分なりにあがく必要があります。

本を読む、セミナーに参加する、新しい仲間を作る、などなど、現状を変えていくのです。

本書でとても共感したのはこの部分。

人生のターニングポイントは、わざわざ時間をとってあるセミナーに参加したときにやってきた。

私はまさにそうで、NLPという心理学を学ぶ過程で人生は劇的に変わりました。

参考: 「ツナゲルアカデミー」で岡部明美さんのワークを体験 多くの人に体験して欲しいと思った

もし私があのときわざわざ時間をとって、お金をかけてセミナーに参加してなければ、今のように結婚して幸せな時間を過ごしたり、会社を辞めてフリーランスとして活動したり、長野に移住したり、長野と東京のデュアルライフをしたり、やりたいことを仕事にしたりすることはできなかった。

まだまだ私にはやりたいことがあり、もっと自由で豊かになりたいと思っており、その過程ではありますが、それでもセミナーを受ける前より遥かにハイスピードで人生を切り開いている自覚があります。

崖と海

最も大切なことは・・・

故スティーブン コヴィー博士は、名著「7つの習慣」こんな言葉を残しています。

最も大切なことは、
最も大切なことを、
最も大切にすることである

これは「20:80の法則」にも当てはまっていると私は思います。

雑多なことをやめて、本当に大切なことをする。

自分の価値観にしたがって活動する。

そういった行動基準に変えていく必要があります。

自分で自分の人生を変えようとしなければ、現状維持になります。

それはとても甘い誘惑で、人間は放っておくと現状維持したくなっちゃいますが・・・

世の中がどんどん進んでいるので、何もしなければおいていかれることになります。

そんな中で生き残れるものは、変化に対応できるものです。

浅瀬に転がる丸石

おわりに

「フォーカルポイント」とは、焦点のこと。
虫眼鏡で光を集めれば炎が燃え上がるように、人生でも大切なことに焦点をあてることで劇的にうまくいくようになる。

本書では、

「人生で最も大切なことに焦点をあてる」=「20:80の法則を徹底的にやる」

ためのアイデアや実例がたくさん挙げられています。

いくつもの質問が書かれていて、自分にとって必要なことを探求する手助けになります。
そういう質問を自分の中に持っておけば、うまく行くことが増えそうです。

私たちはあれもこれもと手を出しがちで、これがうまくいかなかったら別のことをしよう、と気が散っています。
そうやっているうちに、何もモノにできずに終わっていく。

そうではなくて、「これ!」と決めたことに焦点を当てて、徹底的にやることがうまくいく秘訣。
そのためのヒントをたくさん与えてくれる本でした。

関連記事:

タイトルとURLをコピーしました