「ポジティブシンキング」が教えてくれる最も大切なアイデア

「ポジティブシンキング」という考え方に関しては賛否両論あると思います。

賛成でも反対でもよいのですが、「ポジティブシンキングをしてみる」という考え方自体は大事になってきます。

このことについて動画でも話してみました。

ポジティブシンキングが教えてくれる最も大切なアイデア

物事の善し悪しは、状況や状態で変わる

物事の善し悪しは、あなたの置かれた状況や、状態によって変わってきます。

例えば、

「パソコンが壊れた」

とします。

これ、大問題ですかね?

あなたがサラリーマン (特にシステムエンジニア)だったら?

おそらく、サラリーマン、特にシステムエンジニアのような職種の人にとっては大問題です。

なにせ仕事になりませんから。

一刻も早く復旧することを考えることでしょう。

早くパソコン治らないかしら

あなたがデートに遅刻寸前の女子大生だったら?

では、「18歳の女子大生、初めて出来た彼氏とのデートがあって、遅刻しそうでヤバイ!」というシチュエーションだったらどうでしょうか?

もう、本当に遅刻しそうなんです。
初めての彼氏との初めてのデートなんだから、遅刻しちゃヤバイですよね。

そんなシチュエーションだったら、パソコンが壊れていても、多分、彼女は気にしないですよね。

それ以上に、彼に怒られるかどうかの方が大問題です。

怒られたらどうしよう!?

「パソコンが壊れている」事象は同じ

どちらのシチュエーションでも「パソコンが壊れてる」という事象は同じです。

それでも、サラリーマンにとっては大問題、遅刻寸前の女子大生には無問題です。

こんな感じで、事象は同じでも、その事象をどう捉えるかが重要になってきます。

「ポジティブシンキングをしてみる」という考え方

そういった事象の捉え方の1パターンとして、「ポジティブシンキングをしてみる」という考え方はとても大事です。

どう捉えてもいい中で、「いい方に捉える」という意識があるのとないのではかなり違いがでてきます。

こういう意識がなかったら、とにかく特定のあるパターン (大体、悪い方に捉える)でしか、事象を捉えることができません。

だから、「ポジティブシンキングをして本当に人生が幸せになるか」はひとまず置いておいて・・・

「いい方に捉える」というアイデアを持っていること自体が役に立つのです。

実は最近、事故りました

実は最近、車で事故をしました (^^;

まあ何でもない事故だったんで、怪我とか全く無かったんですが・・・

何でそんな事故しちゃったのかなって思うぐらい、軽微な事故をしちゃいました。

そういうときに、

「事故しちゃった、お金が飛んでいくな」

とか

「修理するまで大変だな」

とか、そういう所に囚われちゃうと、もうその事故は「嫌な体験」ということで終わっていきます。

それ以上得られることはありません。

そんなときに、「これは私に何かを教えてくれているんじゃないか」という意識を持っていれば、また別の角度から「事故をした」ことを捉えられますよね。

「もうちょっと周りをよく見たらよかったな」とか、教訓が得られるわけです。

全く意識しなかったら、1つの事象に対して1パターンでしか受け取れません。

ネガティブシンキングが染みついてる人は、「どんな事象が起きても悪いように捉えちゃう」というのと一緒です。

他の捉え方ができないのです。

まとめ

「ポジティブシンキングをしてみる」

というのは、

別の視点で捉えてみたらどうですか?

というヒントです。

別の視点で捉えてみましょう

だから、事象があまりよくなくて、怖くてしょうがないようなことでも、「なんか良い事ってあったかな?」と別の視点で振り返る。

そういうアイデアだと思って「ポジティブシンキングをやってみる」ことを活用してみてください。

ポジティブシンキングが教えてくれる最も大切なアイデア
タイトルとURLをコピーしました