体重計を新しくしよう!手軽そうなTANITAの体組成計 BC-751にしてみた

我が家の体重計が動かなくなったので、こちらの体重計を新しく買いました。

体重計が動かなくなった

これまで使っていた体重計が、急に「Err」という表示がでるようになり、使えなくなりました。

Sean 2013112401

この体重計、確か大学生のころに買ったものなので、もう10年選手です。
スイッチを入れると、初期化に失敗するみたいな感じで、「Err」という表示が出て落ちるようになりました。

電池を抜いて1日放っておいて、また入れなおしたら動いたのですが、しばらくするとまた「Err」に・・・

10年以上にわたって私と一緒に全国各地を移住してきた相棒で、思い入れはありますが、これじゃ使い物にならないので、新しく買うことにしました。

体重計を選ぼう!

さあ、どの体重計を買おうか、と。

それほどゴテゴテしたすごい機能はいらないのですが、どうせ新しく買うならスマホに対応してるのがいいな、とか思いながら色々探してみることに。

安いものなら1,000円くらいからある体重計ですが、スマホ対応となると6,000円くらいからが相場のようでした。
高いものは20,000円近くしたり。

まあ、これまでだってそんな機能なかったし、なくてもいっかなと開き直りました (笑

そうやって探していたら、こちらの体重計が良さそうな感じがしてきました。

価格は4,000円弱といったところです。

体重と体脂肪が測れるなら、我が家ではこれで十分。

いいな、と思ったのは、「乗るピタ」機能です。

我が家では私か嫁さんが体重計を使うのですが、これまでの機種だと、それぞれの身長や年齢の設定を、本体下部のボタンごとにするようになっていました。

そして、乗る前にこのボタンを押してから乗る必要がありました。

sean_2013112406.jpg

「乗るピタ」はその手間をなくしてくれるそうです。

最初に設定だけしたら、あとはスイッチを押すことなく、乗ったら勝手に私か嫁さんかを判断して計量してくれるとのことで、これはちょっとしたことだけど便利だよな、と思いました。

しかもA4サイズよりちょっと小さいくらいで、重さも880gということで、iPad2+カバーくらいの重さだとか。

いままで使ってたやつはでかくて重たかったので、そういうコンパクトなところもいいなと思いました。

さすが、同じTANITAとはいえ、10年前の機種とは違います (笑

早速購入!BC-751 (ホワイト)

ということで、嫁さんも「これでいいんじゃない?」とのことで購入しました。
色は5色ありましたが、一番部屋の色に合いそうなホワイトにしました。

Sean 2013112402

Sean 2013112403

これが本体です。

Sean 2013112404

確かに小さくてコンパクト。

Sean 2013112405

実際にA4用紙の上に置いてみましたが、だいたい同じようなサイズですね。
これまでの機種よりは断然軽いです。ちょっと感動しました。

さて、期待していた「乗るピタ」機能は、使ってみたら本当に便利でした。
風呂あがりにいつも測っていて、体を拭いたら乗るだけです。

自分のことを設定したボタンを押す、という一手間減るだけでもずいぶん違いますね。
しかも、そのボタンは押しやすいように配置されていたので、おかげさまで近くを通ったときに誤って押しちゃうことも多々あったのですが、そういうことは一切なくなりました。

これまでは体重と体脂肪を測るだけだけでしたが、こちらの機種ではBMI、内臓脂肪量、筋肉の重量、肉体年齢など、細々としたものも測れるようになりました。
そのうち体重と体脂肪率以外も記録に残してみようかな。

ちなみに、私は実年齢より7、8歳若い肉体年齢が出てくるのでちょっと嬉しいです ( ̄▽ ̄)

前回測定時の体重などが確認できる機能も、使いようによってはいいかもしれません。

見た目も機能もシンプルで使いやすいです。

スマホとの連動など高度なレコーディング機能はありませんが、手軽に体重や体脂肪率などが測れたらいいやという人にはこちらで必要十分ですね。

タイトルとURLをコピーしました