WordPressを手元のMacで動かして、快適環境でテーマ改造の実験をしよう

WordPressのオリジナルテーマづくりをお勉強中です。
こういうときは、ローカルでWordPressが動いてくれると何かと都合がいいので、手元のMacでWordPressの実行環境を整えてみました。

WordPressのテーマをサーバ上で作るのはやりづらい

これまではサーバ上にインストールしたWordPressで行っていたのですが、これがなにかとやりづらい。

  • いちいちファイルをFTPでアップするのが面倒くさい
  • WordPressのエディタは何かと使いづらい。
    使いやすいエディタでテーマ編集をしたい。
  • ネットワークやサーバが重いときがある。すぐ試せなくてイライラする。

などなど、やっているうちに不満が出てきました。

ローカルで動くようにすれば、FTPもしないでいいし、好きなエディタで編集できるし、パフォーマンスだっていいだろう、と思うようになりました。

WordPressが動くローカル環境を構築しよう!

大きな流れとしては、次のようになります。

  1. MAMPというアプリをインストール
  2. MAMPの設定
  3. MySQLにWordPress用のデータベースを作成
  4. WordPressをしかる場所に設置
  5. WordPressの設定

ここまですれば、WordPressが動くローカルで環境の構築は完了です。

思った以上に簡単ですよ!

1. MAMPをインストール

個人的にはApacheやMySQLのビルドからやっちゃいたくなるのですが、そこはぐっとこらえて、MAMPという動作環境をインストールしてサクッと終わらせることにします。

MAMP = Mac, Apache, MySQL, PHPとのことで、WordPressを動かすには十分な環境を備えています。

早速ダウンロードしてきましょう。

MAMP: Mac, Apache, MySQL, PHP

Ss 2013062701

左側のボタン「Download now」をクリックすると、ZIPファイルがダウンロードできます。

2013/6/27時点では「MAMP_MAMP_PRO_2.1.4.zip」というファイルです。

これを展開すると、「MAMP_2.1.4.pkg」というパッケージファイルが出てくるので、ダブルクリックしてインストールします。
インストーラに従えば普通にインストールできます。

Ss 2013062702

インストールが完了すると、「MAMP PRO」と「MAMP」というのが入っています。
なお、「MAMP PRO」は有料版のアプリになります。

今回はローカルでWordPressが動けばいいので、無償版の「MAMP」で十分です。

2. MAMPの環境設定

早速「MAMP」を起動します。

Ss 2013062703

全く環境設定しなくても動くのですが、私は先に環境設定を見ておきたい派なので、ボタン「環境構築」をクリックしてみます。

Ss 2013062704

タブ「ポート」でポートの設定ができます。
デフォルトだとApacheは8888ポート、MySQLは8889ポートが指定されています。

この設定だと、ブラウザからローカルのWordPressにアクセスするときに

http://localhost:8888/〜〜〜

というアドレスになります。

こういうアドレスが気になる人はボタン「ApacheとMySQLの標準ポートに設定」を押してください。

ボタンを押すと、スクリーンショットのようにポートが設定されます。
(Apacheのポートが80、MySQLのポートが3306になる)

この設定をしておけば、

http://localhost/〜〜〜

というアドレスでローカル環境にアクセスできるようになります。

なお、ボタン「使用ポートを初期値に戻す」を押すと、ポートの設定が元に戻ります。
(Apacheのポートが8888、MySQLのポートが8889になる)

よく分からないときは、ひとまずボタン「ApacheとMySQLの標準ポートに設定」を押しておいてください。
ほぼ問題はないはずです。
(自分でローカル環境にWebサーバとかを入れている場合は初期値にしておきましょう)

以降は、ボタン「ApacheとMySQLの標準ポートに設定」を押したものとして説明します。

Ss 2013062705

タブ「Apache」では、WordPressのファイルを設置するディレクトリを指定出来ます。
これを「Document Root」と言います。

デフォルトでは「/Applications/MAMP/htdocs」ですね。
これ以外の場所にWordPressのファイルを設置したければ、ここを変更しましょう。
(「/Users/ユーザ名/Development/wp-local」など、自由に変更できます)

ここでは、「Document Root」はデフォルトのままとします。

サーバを起動!

環境設定が終わったら、ボタン「OK」を押して元の画面に戻ってきましょう。

Ss 2013062706

ボタン「サーバを起動」をクリックすれば、ApacheとMySQLが起動します。

Ss 2013062707

左側「状態」のランプが緑になれば正常起動しています。

Ss 2013062708

無事起動したようであれば、ボタン「スタートページを開く」をクリックします。

Ss 2013062709

ブラウザでMAMPのスタートページが開きます。

中段に書かれているMySQLのユーザ名とパスワードを覚えておきましょう。
デフォルトではroot、rootになっています。

3. WordPress用のデータベースを作成する

それでは、WordPress用のデータベースを作成しましょう。

先の画面で「phpMyAdmin」というところをクリックします。
「phpMyAdmin」というのは、MySQLを操作するためのツールだと思ってください。

Ss 2013062710

「phpMyAdmin」の画面になったら、

  1. タブ「データベース」をクリック
  2. 「データベースを作成する」の欄にデータベース名を入力
  3. ボタン「作成」をクリック

すると、データベースが作成できます。

ここでは「wordpress」という名前のデータベースを作成したとします。

4. WordPressを設置

WordPressを本家サイトからダウンロードしてきます。

WordPress › 日本語

ZIPファイルがダウンロードできますので、展開してください。

デフォルトだと「wordpress」というディレクトリにWordPressのプログラムが展開されます。

この「wordpress」というディレクトリごと、先の「Document Root」に設置します。
デフォルトでは、「Document Root」は「/Applications/MAMP/htdocs」でしたね。

普通に設置したら「/Applications/MAMP/htdocs/wordpress」になります。

5. WordPressの設定

続いて、WordPressの設定ファイルを環境に合わせて修正します。

「〜〜/wordpress/wp-config-sample.php」をコピーし、
「〜〜/wordpress/wp-config.php」という名前にしてください。
これが設定ファイルになります。

Ss 2013062711

テキストエディタで開いて該当箇所を書き換えましょう。
DB_NAMEやDB_USER、DB_PASSWORDのところです。

ここまで説明どおりに設定していれば、

  • DB_NAME: wordpress
  • DB_USER: root
  • DB_PASSWORD: root

となります。

これで、WordPressの設定は完了です!

ローカル環境でWordPressを実行!

ここまできたら、設置したWordPressをブラウザで開けます。

「http://localhost/wordpress」にアクセスしましょう。

Ss 2013062713

WordPressの最初の設定画面が出ました!

あとは画面に従って、項目を設定すれば・・・

ローカルで動くWordPress環境のできあがりです!

これでFTPでファイルをアップしたり、WordPressのエディタで編集したりする必要がなくなりました。
お気に入りのエディタでテーマ作成していきましょう。

ローカルで思う存分いじくったら、最後はまとめてFTPすればOKです!

サーバの停止

WordPressの作業が終わったら、サーバを停止しましょう。

Ss 2013062714

アプリ上のボタン「サーバを停止」をクリックすれば、ApacheとMySQLのサーバが停止します。

サーバを起動しておくことでCPUやメモリを消費していますし、セキュリティ的にも余計なサービスは上がってない方がいいですからね。

スペシャルサンクス!

何となくローカルでWordPressを動かそうかな〜と思ったときに、最初に参考にしたのがこちらのサイトです。

[Å] ローカル環境に複数のWordPressのブログをMAMPを使って設置してみた | あかめ女子のwebメモ

あかめちゃん (@mk_mizuho)、サンクス!

同じような記事になってもつまらないので、こちらでは解説を多めにしてみました (笑

WordPressを動かすサーバを探している人は

本サイトは、こちらのサーバで稼働しています。



WordPress専用のサーバということで、WordPressのインストールや設定が超簡単にできます。
しかも、独自のキャッシュシステムがあり、何もしなくても高速稼働しています。
おかげで、本サイトもかなり快適に動いています。

2週間の無料お試し期間もありますので、WordPressをはじめてみようと思っている人、サーバ移行をしようと思っている人は、是非試してみてください (^o^)ノ

タイトルとURLをコピーしました