ムームーDNSを使ってブログのサブドメイン運用を試してみた

ブログのサーバ移転を考えており、エックスサーバー社が最近リリースしたWordPress専用サービス「wpXクラウド」を試してみています。

・ブログのサーバ移転を検討中

・エックスサーバー社のWordPress専用サービス「wpXクラウド」を試してみた

こちらのサービスには試使用期間がついているので色々試しながら、他のプランも検討しているところです。

ただ、目下最大の悩みは、ここで試した「wpXレンタルサーバー」、「wpXクラウド」にするとURLが制限されることです。

・エックスサーバー社のWordPress専用サービス「wpXクラウド」にしてみたら、URLが変更になりそうな件

・ブログのサーバ移転を機に、URLについて考えてみた

サブドメイン運用については実現可能なのか気になったので、実際にサブドメイン運用は可能なのか、試してみました。

サブドメインとは

サブドメインは、その名の通り、サブのドメインです。

例えば、be-oursleves.jpはドメインで、blog.be-ourselves.jpはサブドメインになります。

サブドメインでブログを運用するメリットとしては、ドメインのブランドを1つにしつつ、ホームページやブログが動くサーバを分散できる点です。

ドメイン+フォルダというURL構成でもサーバの分散はできなくもないですが、普通はやりませんね。

サーバが分散できると、1つのサーバで全部やろうと思わないで済みます。

なので、現在お試し中のWordPressに特化したサービスを提供しているサーバと、何でも使えるレンタルサーバという組み合わせでサイト運用することもできちゃいます。

このメリットはかなり大きいので、これからブログを立ち上げようと思っている人は、特に個人事業主や起業経営者の方で、自社ホームページ+ブログというサイト構成を考えている人は、サブドメインでブログを運用することも視野に入れてみてください。

ブログ以外にショッピングサイトなどを立ち上げるつもりであれば尚更です。

gmailやtumblr、bloggerといったサービスを独自ドメインのサブドメインで使う、なんてこともできちゃいます。

RSSをFeedBurnerで配信している人も、独自ドメインで設定できるようになります。
rss.be-ourselves.jpといった感じで。

これは結構大事なことだと思います。
ブログと同一ドメインで運用できるため、SEO的にはいいのではないでしょうか。

インフラ構成

私はbe-ourselves.jpというドメインを「ムームドメイン」で取得しています。



現在、このブログが置かれているサーバは「さくらインターネット」です。

さくらインターネット | レンタルサーバー、VPS、クラウド、専用サーバー、データセンター | 公式TOP

そして、ブログの移転先として、「wpXクラウド」を試しています。

WordPress専用の高速クラウドサービス wpX(ダブリューピーエックス)クラウド

やりたいことは、図にするとこんな感じですね。

subdomain-unyo.png

  • http://www.be-ourselves.jp → さくらインターネット
  • メール → さくらインターネット
  • http://blog.be-ourselves.jp → wpXクラウド

はたして、こんな設定ができるのか?

結論から言えば、「ムームーDNS」というサービスで実現できました。

DNSの設定

「ムームーDNS」でこのような設定をすることで、上記の図のようなアクセスの分配が実現できました。

カスタムDNSのセットアップ情報変更 ムームードメイン 2

  • No.1、3、5の「内容」は、「さくらインターネットのサーバ」のIPアドレス (管理画面から取得)
  • No.7の「内容」は、「wpXクラウドのサーバ」のIPアドレス (管理画面から取得)
  • No.1、3、4は、「http://be-ourselves.jp」または「http://www.be-ourselves.jp」を「さくらインターネットのサーバ」に仕向ける設定
  • No.7は、「http://blog.be-ourselves.jp」を「wpXクラウドのサーバ」に仕向ける設定
  • No.2、5は、メールが「さくらインターネットのサーバ」に届くように設定
  • No.6はRSSフィードをFeedBurnerで使う設定

ただ、「さくらインターネットのサーバ」に仕向ける設定についてサポートセンターに尋ねたところ、正式にサポートしてないし、この設定で問題ないかといったことには答えられない、という返答がありました。

なので、私はこの設定にしてみて、たまたまうまくいっている、ということで捉えてください。

あくまで自己責任で運用してくださいね。

夢が膨らむDNS運用

自己責任の上、確実にこれでいいという保証はありませんが、ドメインを管理しているムームードメインのDNSサービスを使いながら、「さくらインターネット」+「wpXクラウド」という構成で運用ができるというのが大きいです。

これで、例えばさらにブログを立ち上げたければ、「wpXクラウド」をもう1契約してサブドメインをつけてやればOKです (blog2.be-ourseles.jp、など)。

「wpXクラウド」でなくても、「X Server」でも「Sixcore」でもなんでもOKです。

どんなレンタルサーバーを借りてもいい。

しかも、tumblrなどの外部サービスでも独自ドメイン運用ができ、ブランド統一できて言うことないです。

この例では、RSSフィードをFeedBurnerに設定しています。

ショッピングサイトを立ち上げるなど、新しいサービスを始めたくなっても同じように設定すれば、サブドメインを切って、新しいサーバで運用することができます。

こんな風に、1ドメインで様々なサービスを利用することを考えると、この拡張性は大きく魅力的です。

他のドメイン取得業者でも「ムームーDNS」のようなサービスを行っていると思いますので、興味ある人は確認してみてください。

DNS設定で困ること

なお、DNSを設定後、ドメインは数分〜2日間ほどかけて世界中で染み渡っていきます。

なので、DNSを設定してから、Aさんには新しいドメインで見えても、Bさんには見えないということがあります。

これが厄介なところで、設定が合っているのか間違っているのかが、下手すりゃ2日ほどわからないということになります。

そして間違っていたとしても、修正して、うまく行った確認ができるのが2日後になるかもしれないのです。

試しにやってみるにしてはちょいとリスクがありますので、その辺りはご注意を。







タイトルとURLをコピーしました