ドライブ好きにはたまらない信濃路。名古屋まで270kmを走破してきました

信濃路の山の中、大自然の中をドライブしていると、超キモチイイ!ですね!! ( ・`д・´)

山道をドライブ

先週末、名古屋出張 (2013/4/7〜9)は愛車のSWIFTでお出かけしました。

ちょうど爆弾低気圧が日本上陸でめちゃくちゃ風が強くなるとかなんとか言われた日に家を出て、名古屋に向かいました。

バケツをひっくり返したような、叩きつける雨が降ってきたかと思いきや、急に晴れてみたり。

トンネルを抜けたら霧で見えづらくなったと思ったら、次のトンネルを抜けたら晴れてたり。

ほんと、山の中を走っていると、天気がゴロゴロ変わっていって面白いです。

sean_2013041101.jpg

自然を感じますね。

sean_2013041102.jpg

途中、虹が見えて大興奮でしたが、運転中で写真が撮れなかったのが残念でした・・・

虹が2重にかかっていたり、端から端まできれいに見えるシーンがあったり。

山を覆う羽衣のような雲もよかったですね。

あと、途中で鹿の集団が道路のすぐ脇で草を食んでいたり、道路脇に倒れた鹿 (たぶん車に轢かれた)もいたりと、なんとも自然豊かというか生々しい感じもしました (^^;

名古屋までのルート

ちなみに、うちのある御代田町から名古屋に行くには、いくつかルートがあります。

まずは、ひたすら高速道路に乗って行くルート。


大きな地図で見る

このルートだと、一度長野の方に北上して回りこむような道になります。
総走行距離は320km。

それなら直線を走ってやろうじゃないかというルートだと、これ。


大きな地図で見る

うちから岡谷ICまでは下道で走ります。この間、大体60kmくらい。
総走行距離は260km。

高速道路で回りこむルートに比べ、60kmくらい短くなります。

今回はこちらのルートで行くことにしました。

距離が短いし、下道を走ったほうが景色も見られて楽しいんじゃないかと思ったからです。

中山道を走れば風情ある建物が見られますし、先に書いたとおり山の中を抜けていると自然のいろんな表情が見られます。

もうちょっというと、下道なんだけど信号も少ないし車も少ないし、みんなバンバカ飛ばしているしで、走っていてそれほどストレスないんです。

都内の60kmとはわけが違います (^^;

途中休憩も楽しいもの

途中何箇所か休憩しましたが、最後に休憩した恵那峡SAで一番のんびりすごしました。

sean_2013041103.jpg

sean_2013041104.jpg

sean_2013041105.jpg

恵那といえば、栗ですかね。
栗と栗あんが入った「栗あわせ」というのが気になったので買ってみました。

sean_2013041106.jpg

栗みたいな外観。

sean_2013041107.jpg

割ってみると、確かに栗があって、栗あんで敷き詰められてます。

甘くて美味しかったー! (*´ω`*)

こんな感じでのんびり行った割には、4時間くらいで目的地についちゃいましたね。

このルート、使える!と思った往路でした。

ちなみに、復路も似たような道で帰りました。
名古屋〜恵那は下道で行きましたけどね。

復路で立ち寄った道の駅について、こちらの記事で紹介しています。
よろしければ読んでいってください! (^o^)ノ
・岐阜県恵那市の道の駅「そばの郷 らっせぃみさと」で味噌煮込みそばを食べてきた

タイトルとURLをコピーしました