Twitterに血が通い始めた!ようやくTwitterの面白さがわかってきた件

このところ、Twitterを見る時間が増えてきました。
いろんな人のツイートを見るのも面白いものですね。

sean_2013020501.jpg

Twitterのアカウント自体はかなり昔に作ったと思います。

こちらのサイトで調べてみると、2010/4/16にアカウントを
開設したそうです。

When Did You Join Twitter?

アカウント名を入れるだけで、アカウント開設日を調べてくれます。

何が面白いのか分からなかった開設当時

アカウント開設当初、Twitterの何が楽しいのかさっぱり
わかりませんでした (^^;

何か情報収集に使えるんだろうなとか思っていましたが、その程度であり、
たまに呟いてみるくらいはしていましたが、ほとんど見ることは無くなり
ました。

全くもって、楽しくなかったのです。

変化は本「ノマドワーカーという生き方」から

そんな私のTwitter観に変化が訪れたのは、パワーブロガー立花さんの
著書を読んでからです。

著者の立花さんはTwitterでいっぱい呟いているらしいので、ひとまず
フォローしてみました。

そうして彼のツイートを眺めると、他の人と絡んだりしているツイートが
目に入って来ました。
そのうち、そうやって絡んでいる他の人のツイートにもだんだん
興味が出て来ました。

私も、ライフログがてら、何か呟いてみようと思い、呟きはじめたのも
この時期です。

「No Second Lifeセミナー」でブレイク!

そうして立花さんのツイートを追っかけていると、なんとセミナーをやると
いうではないですか。

一度お会いしたいと思っていたので、ここぞとばかりに飛び込みました。

・第8回 No Second Life セミナーに参加してきました!
seminar_2012092302.jpg

立花さんのセミナーには多くの人が来ており、その中でTwitterはかなり
当たり前の存在のようでした。

そこで知り合った人を片っ端からフォローしたり、フォロワーさんの
フォロワーさんをフォローしたりしているうちに、どんどんフォローされて
いきます。

こうなってくると、まるでツイートが読み切れない (^^;

そこで、特に追っかけておきたい人のリストを作ってみました。

まずは、そのリストだけでいいから、追っかけてみよう、その世界に
いてみようと思い、日々ツイートしたり、リストをチェックしたり
していきます。

そうしているうちに、だんだん面白くなって来ました!

Twitterに血が通い始めた!

「No Second Lifeセミナー」で知り合った人の呟きを読んでいると、
なんとなくその人のことが頭の中に浮かんでくるんですよね。

そう、これが革命的でした!

これまで、私のTwitterの世界は、興味もない、知りもしない人に溢れた
世界だったんです。

誰とも知らない人の呟きなんて、面白くなかったんです!

著名な方のツイートは、その考え方を取り込みたくて読んでいましたが、
我々のような一般人の呟きはありふれていて、情報価値はほとんどない。

芸能人が「お腹すいた。パスタを作ろう」と言えば、読みたい人はいるで
しょうが、私が「お腹すいた。パスタを作ろう」なんて呟いてみても、
拾ってくれる人は、知り合いくらいでしょう。

そう。知っている人だからこそ、その呟きが生きてくる。
生の、生きた声として聞こえてくるんです。

ようやく、私のTwitterのタイムラインに、血が通い始めました!

今では、出会った人はどんどんフォローしてみています。
残念ながら、全ての人のツイートを追っかけているわけではないですが、
たまに見ては、その人のことを思い出しています。

出会いはきっかけ。Twitterは、それからその人のことを知るツールになる

今はTwitterやFacebookといった、その人に紐付いたメディアが
発達しています。

もしかしたら、リアルでの出会いはきっかけで、その人のことを
どんどん知っていくのは、こういったオンラインメディアで補完していく
時代なのかもしれませんね。

先のDpubなど、100人規模の席に参加し、何十人もの人と交流しても、
覚えきれないというのが現実です。

・Dpub 初参加してきました!みんな、熱い!
sean_2013020202.jpg

初見の人に、特に一言二言言葉を交わしたくらいだったら、
2〜3ヶ月後会ったところで、ほぼその人のことは忘れてしまいます。
悲しいけど、それはそういうもんだと思っています。

当然ながら、私のことだって忘れられているものだと思って
お話しています。

とはいえ、昔であれば、会う回数を増やす以外には、人づてに聞くか、
うわさ話に耳を傾けるしかなかったわけです。

それに比べれは、今はこのようなオンラインメディアが充実しているので、
たまにその人の呟きをみては、その人のことを思い出したり、
何やっているのかな、と思いを寄せることができます。

それだけで、次に会ったときに、より会話のキッカケを作れます。

うまく利用すれば、たくさんの人とつながることができる。
そういう可能性を見出すことが、ようやくできました。

だから、これからも呟いて行きますし、呟きを見ていきます。
なんだかそれが楽しいから (^_^)

※注: 無尽蔵に時間を使う可能性があります。ご利用は、ほどほどに (笑

コメント

  1. 森英一 より:

    私のTLもDpub7に参加してから楽しくなってきました!やっぱり知っている人が多いと違いますね。

    • 西村 純一 より:

      おお、そうなんですね!ほんと、知っている人がいると楽しくなります (*^o^*)

タイトルとURLをコピーしました