MacでWindowsを動かそう!VMWare Fusionで初めるOS共存生活 〜その2 VMWare Fusionインストール編〜

私が生まれて初めて作った自作パソコン。

とても思い入れはあるのですが、利用頻度が激減しており、
このまま放置するのも忍びない状況になっていますし、いつデータが
跳ぶかわかったものではないので、なんとかこのWindowsデータを
救出すべく、奮闘しました。

前回の記事はこちら。
・MacでWindowsを動かそう!VMWare Fusionで初めるOS共存生活 〜その1 データバックアップ編〜

Windowsのデータを整理し、受け皿となるMacBook Proのデータ整理も
完了したので、いよいよWindowsのイメージを取り込んでいきます。

Mac上で、どのようにしてWindowsのデータを活かすか

MacでWindowsを動かすには、仮想PCソフトを使うか、
Bootcampという機能を使う方法があります。

仮想PCソフトであれば、Macを使っている時に、
Macの1アプリのようにWindowsを使うことができます。

Bootcampにすると、完全にWindowsマシンとして起動します。

ここでは、仮想PCソフトを使うことにします。
Macを使っているときに、ちょっとだけWindowsを使えればそれで
十分だからです。
いちいちWindowsとして起動したり、なんてやってられません。

仮想PCソフトの選定

Macで動く仮想PCソフトはいくつかあるようですが、
メジャーなのは VMWare Fusion、Parallels Desktop、
VirtualBoxあたりでしょうか?

VMware Fusion: Mac をデスクトップ仮想化に使用して、Mac 上で Windows を実行

Parallels Desktop for Mac
Parallels Desktop …

Oracle VM VirtualBox

VirtualBoxは無償ソフトですが、他2本は有償ソフトです。

ここはVMWare Fusionにしました。
過去に使ったことがあるというのと、仮想PCマシンの老舗であり、
それなり安定しているであろう、というところからです。

あと、VMWare Fusionは5,000円くらいですが、
Parallels Desktopは7,000円くらいします。

そういった値段の面からしても、VMWare Fusionにしました。

値段だけなら無償のVirtualBoxでもよかったのですが、
開発元が色々変わっており、完成度がよく分からないので
今回はパスしました。
学生時代なら、VirtualBoxでやってみるんだろうけどなー。

VMWare Fusionをどこで買う?

VMWare Fusionに決定したところで、購入方法が
いくつかありました。

物理的なパッケージを店頭販売していますし、
ダウンロード版も販売しています。

今更物理的なパッケージは要らないので、
ダウンロード版を購入することにします。

そこからも幾つかの選択肢が。

ドルで決済することもできますし、楽天ポイントを
ためることもできます。

と、色々見てみたのですが、数百円の違いでしかないため、
悩んでいる時間が勿体無くて普通に正規代理店のact2で
購入することにしました。

VMware FUSION

1ドル=80円のときなら、本家サイトでドル決済したのが安かった
ようですが、今、どんどん円安になっているので普通に
買ったほうが安そうです。

とはいえ、4,400円が4,500円になるか?といった世界なので、
悩んでいる時間の方が勿体無い (^^;

そして、インストール!

インストールは非常に簡単です。
ダウンロードしたイメージファイルをマウントして、
インストーラを起動するだけ。

ss_2013010601.png

インストールが終わったら、Windowsのイメージを取り込んで行きます。

というところで、Windowsイメージ取込み編につづく。
・MacでWindowsを動かそう!VMWare Fusionで初めるOS共存生活 〜その3 Windowsイメージ取込み編〜

タイトルとURLをコピーしました