好奇心に導かれるままに生きる 「やりたいこと」はいつしか「できなかったこと」に変わってしまうから

最近読んだ本の中に、

というのがあります。

本書の中ですごく私の中で印象に残ったフレーズがあったのでご紹介します。

BIG MAGIC 「夢中になる」ことからはじめよう。

好奇心に導かれるままに生きる

それは、

好奇心に導かれるままに生きよう

というものです。

好奇心って、私は結構大事だと思っています。

というのも、私たちが行動する最初の動機になるからです。

「気になる」「興味がある」と思ったことって、実はかなり私たちの人生に影響を与えています。

そうでもなければ、あれほど吉本の話題で世の中盛り上がらないし、芸能人のスキャンダルもニュースにならないことでしょう。

誰も興味がなければ、それを伝えようとは思いませんからね。金にはなりませんから。

好奇心は仕事になるかもしれないし、ならないかもしれない

好奇心は、実用面でもかなり役に立つものです。

私は小学校に上がる前からコンピュータを触っていました。

英語もわからないし、何が起きているのもわからないけど、コンピュータにカタカタ打ち込んでいるのが楽しかったのです。

こうやったらどうなるんだろうとか、これは何が起こっているんだろうとか、コンピュータを触るということは、まさに好奇心でしかなかった。

当時5歳や6歳だった私が、いったいコンピュータの何を理解していたことでしょう。

そしてそれが、今ではシステムエンジニアという仕事になっていますし、この知識やスキル、体験が私の人生を大きく決めています。

私にとってはNLPという心理の世界を扱うこともそうでした。

やっているうちに楽しくて仕方がなくて、ずっとやり続けて、結果的にコーチという仕事をしています。

こんな感じで、好奇心ではじめたことって、いつしか仕事になったり、趣味になったり、とにかく人生の多くの時間を占めるようになっていきます

好奇心の赴くままに行動すると、すごく人生は充実します。

例えそれがなんにもならないとしても、です。お金にもならないことも多々あるものです。

興味はあるけど、、、とかいいながら結局何もやらないより、ずっと楽しいことでしょう。

牛を興味津々な目で見る子どもたち

やりたいことは、やっておいた方がいい理由

そういった、好奇心を刺激される「やりたいとこと」というのは、やっぱり少しでもやってみた方がいいと私は思います。

というのも、「やりたいこと」は、いつの間にか「できなかったこと」に変わってしまうからです。

「できなかったこと」を積み上げる人生って、なんかつまらないじゃないですか。

今回紹介している本「BIG MAGIC」を読んだときに「私は最近、好奇心で動けているかな?」というのを考えさせられました。

だから、このところ、私は少しでも好奇心が刺激されるものがあれば、ちょっとでも手を出してみるようにしています。

インターネットで調べるのもいいですが、実際に体験してみるのがいいですね。

別にそれが形にならなくてもいいんです。

そうした好奇心の導きで動いていれば、少なくとも楽しいですから。

おわりに

「BIG MAGIC」を読んでからというもの、「好奇心」というのが私の中でひとつのキーワードになっています。

ほんと、些細なことだったりするんですよ。あれってどうなってるんだろうとか、これをやったらどうなるんだろうとか。

そういうのを、ちょっとでもやってみるんですよね。すると、結構楽しかったりします。

こういうのが人生をより豊かなものにしてくれるんだと思います。

あなたが、最近「好奇心」を刺激されたことって何ですか?どういったことですか?

そんな自分の「本心」を、大事にしてくださいね。

こちらの記事もどうぞ!

タイトルとURLをコピーしました