本「マネーボール」が面白い!

今、本「マネーボール」を読んでいますが・・・

めちゃくちゃ面白いです!

そう、ブラッド ピットが主演して、映画でも大ヒットした「マネーボール」の原作です。

さすがに英語ではなく、翻訳版ですが、映画を見た当時に買ってお蔵入りしていたものを、今更ながら読んでいます。

映画がヒットした当時に買ったおかげか、普通の表紙と、映画の一場面ぽい表紙がついています。

これはこれでお気に入り。

MONEY BALL

それにしても、ブラッド ピットの「マネーボール」は映画とDVDを合わせると10回以上見ていますね。

未だに、見ていてゾクゾクします。

会社の行き帰りでは平然と見ていますが、おうちで見ているとなんだか泣けてきます。

劇場で見たときも大感動でしたが、今なおDVDで見ても素晴らしいですね。

sean_2012092601.jpg

本作、野球界の常識を疑い、データを用いて客観的な視点で選手を評価し、チームを勝たせることをひたすらやっています。

野球界の常識というのは、偏見というか、個人の主観で成り立っていたんですね。

  • 顔が悪い
  • 彼女が不細工
  • 投球フォームが変

などといって、選手が使えないと判断します。

一方で、

  • 顔がいい
  • スイングがシャープだ
  • あのスイングならあたったら飛ぶぞ

など、およそ主観的な評価でスカウトが惚れ込んで、将来有望な選手だと判断します。

これが、2002年のお話ですから、ほんの10年前でも、そういった状態だったんですね。

もしかしたら、今でさえそういう面が残っているのでしょう。

非常に驚きです。

そして、野球ニュースを見ていればよく聞く防御率とか、盗塁数とか、打率とか、そういうデータがありますが、本当にそれが正しく選手の市場価値を表しているのか?

そういったことを本気で検証しています。

映画でも扱っていましたが、本ではさらに細かいことを書いていますね。

その辺を読むのはちょいと骨が折れる思いですが (^^;

とはいえ、読むほどに面白いです。

まだ途中なのですが、読み始めると止まらないですね。

残り3分の1といったところ。

続きが楽しみです (^o^)

タイトルとURLをコピーしました