習慣化を邪魔する効率化という罠 (後編)

前回の続きです。

・習慣化を邪魔する効率化という罠 (前編)

習慣化しようと思ったことを
習慣化をするにあたり、

「どうせやるなら効率的にやりたい」

「短時間で成果を出したい」

「ただやるよりも、もっといいものにしたい」

といった気持ちが出てくることで、
習慣化が逆に妨げられがちです。

というのも、そういった気持ちから、
ついつい効率のいいやり方を
最初に探してしまう。

これは、順番が逆なんですよね。

習慣化してから、効率化すること。

この順番が大事なんです。

世にある、効率的な方法って、
まず手順があります。
注意事項なんかもたくさんあります。

例えば、効率的なダイエットなんて
Google先生に聞いてみると、わらわら
でてきます。

  • まずは有酸素運動を最低20分以上やる
  • 有酸素運動は毎日やる
  • 1番目にいい時間帯は朝食前の空腹時
  • 2番目にいい時間帯は夕食後
  • 運動前には必ずウォーミングアップをする
  • ウォーミングアップのときは、できるだけ呼吸を止めず、ゆっくり深く呼吸する
  • 運動後はゆっくりクールダウンするのも重要
  • 水分は必ずとること

この他に、体に脂肪がつく原因や、
脂肪を燃焼するメカニズムについて
書かれていたりします。

「リパーゼ」だの「グリコーゲン」だの
「グリセリン」だの「ぶどう糖」だの、
カタカナ言葉の栄養素も頻発。

これ、読んでいるだけでお腹いっぱいに
なりませんか? (^^;

そして、さらに実行に移すには、これまた
提示された手順どおりにやる必要があります。

○○式ダイエットでは、
これこれを7分やって、
それからこれを3分やって、
休憩を1分したら、次は・・・・

それぞれの動作に理由はありますが、
とにかくこの手順どおりやろうと
意識することにエネルギーを使って
しまいます。

そこまでしてでもとにかく実現したい、
という気持ちが強いものであれば、
やり続けられるでしょうが、
たぶん、だいたい1ヶ月もしたらやめて
しまっているのではないでしょうか。

これが、効率化の罠です。

習慣化に最も大切なのは、継続すること。

それなのに、手順や注意事項を大切に
することにエネルギーを費やしてしまい、
最も大切な
「継続するためのエネルギー」
を消耗している。

その結果、習慣化には至らない。

これ、よく言う、手段が目的になってしまう
というやつです。

健康的でスタイルのいいカラダになることを
目的に、○○式ダイエットという手段を選択し、
トレーニングを始めたのに、
いつの間にか○○式ダイエットというものを
忠実にこなすことが目的になってしまう。

1回とか、1時間とかやるだけでしたら、
気合いでなんとかなるかもしれません。

ただ、習慣化には至りません。

飲み会が入って予定が変わったから、
雨が降ったから、
今日はちょっと体調がよくないから、
とかいってちょっとさぼったりしたら、
もう続けることが難しくなります。

まず、はじめること、
そして続けることにエネルギーを
使ってください。

効率のいいやり方を考えるのは、
初めて1ヶ月後でも十分間に合います。

なぜなら、ずっと続けようと思っていることなら、
1ヶ月の効率が多少よかろうと悪かろうと、体勢に
影響しないから。

そのためには、習慣化したいことを
続ける目標や、続けられるような計画を
立てることが重要になってきます。

その辺については、またご紹介しますね。

タイトルとURLをコピーしました