好きなことをするというのは、得意なことや今できることだけやるのではなく、わからないことや苦痛に感じることもやる

あなたは「好きなこと」をやっているでしょうか?

最近ふと思ったことがあって、それは

「好きなことをするというのは、得意なことや今できることだけやるのではなく、わからないことや苦痛に感じることもやる」

ということです。

それが私には楽しかったから

私は小学校に上がる前からパソコンに触れていました。

本を見ながらあるプログラムを打ってみたんですね。

もちろんひとりでできるものではないので、父親がやっているのを一緒に見ていたのだったと思います。

すると、簡単なシューティングゲームが作れたのです。

これが幼心にも、ものすごく面白いことだったんですね。

こうやればゲームが作れるんだ!と、とても感心したのです。

素晴らしい気づき

それからちょくちょくパソコンに触れるようになりました。

小学校の高学年くらいになってくると、自分で参考書を見ながら、オリジナルのプログラムを書いていました。

これがとにかく好きだったんです。

当時は英語なんて学んでないし、プログラミングなんてもちろん教えてくれる人はいないし。

パソコンが使える人も周りにいなかったし。
(父親はいまだにパソコンがそれほど使えません)

プログラミングに必要な、「論理的に考える」思考すらなかったと思います。

なんで思ったように動かないのか、訳がわからないこともたくさんありました。

それでもずっとプログラムを書いて、「こんなのを作りたい!」と思ったものをひたすら作っていました。

あのとき私が、

  • パソコンなんて使い方わからないし
  • 英語なんてわからないし
  • プログラミングなんてわからないし
  • 思った通り動かない、訳がわからない

  ↓

  • だから自分にゲームなんてつくるのは無理だなー

なんて思っていたら、今の私はないわけです。

全部が全部、なにもわからなかったけど、できるようになりました。

これは私の中でも新しいことにチャレンジした原初体験として、強く印象に残っています。

あなたにも、そういった経験があるのではないでしょうか。

おわりに

小学校上がる前の幼児でもできることが、大人にできないということはありません。

少なくとも、それをする能力はあるってことです。

だから、あなたも、好きなことを実現するために、色々やってみてください。

その中には、今はできないことや、苦痛に感じることもあるかもしれません。

それでも、やり続けていれば実現するのです。

タイトルとURLをコピーしました