一眼レフカメラを購入したときに、カメラカバン「LOWEPRO Event Messenger 150」も一緒に購入しました。

ちなみに購入した一眼レフカメラというのは、「Canon EOS 70D」のダブルズームキットというレンズ2個セットのやつです。

参考: 一眼レフカメラデビュー!「Canon EOS 70D ダブルズームキット」開封の儀

なにせ初めての一眼レフカメラなので、そのコクピットになるものが欲しかったんですよね。

こういったパーツの多いガジェットは、バラバラになっちゃうと色々面倒なので、一元管理しておきたいものです。

LOWEPRO Event Messenger 150

LOWEPRO Event Messenger 150

こちらがそのバック「LOWEPRO Event Messenger 150」です。
いわゆるメッセンジャーバックって感じの作りですね。たぶん。

LOWEPRO Event Messenger 150 タグ

ビックカメラで6,000円強でした。

カメラカバンを買うときは、カメラがちゃんと入るか確かめてからにしましょう。
と思っちゃうくらい、色々なサイズのカバンがありました。

同時購入でよかったです。

前面 マジックテープでガッチリ止まる

早速カバンを開けて、中を見ましょう。

LOWEPRO Event Messenger 150 前面マジックテープ

前面はマジックテープとバンドでガッチリ止まります。

このフタ側のマジックテープは折りたたむこともできるのですが、何のためかは謎です。

カバンの中 メイン収納部分は仕切りが便利

カバンの中は、メインとなる収納部分と、その手前と奥にポケットがあります。

LOWEPRO Event Messenger 150 内部

メインとなる収納部分は、こんな感じで仕切りがあります。
この仕切りはマジックテープにより、カバンの内面の好きなところで止めることができます。

カバンの内側、仕切りとも衝撃緩和のためにクッション素材となっています。
モコモコしています。

LOWEPRO Event Messenger 150 仕切り

縦方向だけじゃなく、横方向に止める用の仕切りもあります。

短いレンズであれば、2段重ねで収納することもできます。

マジックテープが結構強力なので、仕切りを横方向に止めて、カメラ本体やレンズを置いても、仕切りが落ちること無く収納できました。

写真を撮り忘れましたが、このメイン収納の奥側 (カバンの後ろ側)にもポケットがあり、iPadなどのタブレットなどを入れることができるようになっています。

もちろん、そこも衝撃吸収素材で覆われています。

カバンの中 前面収納はマチ付きで仕分けできるように

カバンの前面にはポケットがあり、ファスナーで閉じることができるようになっています。

LOWEPRO Event Messenger 150 前ポケット

中は仕切りがあり、小分けにして収納できそう。

予備バッテリーや充電器をいれ、USBケーブルを入れてもまだ入ります。

LOWEPRO Event Messenger 150 前ポケット マチ

一番右側はアイコンがあり、SDカードを入れることを訴えているようです。
決して湯気が立っているわけではないです。

ここだけ、仕切りの中でもフタがついていて、中に入れたものが簡単に出てこないようになっています。

カバンの裏面 ポケットあり

LOWEPRO Event Messenger 150 裏面

カバンの裏側にもポケットがあります。
実は側面にもポケットがあります。

マチもなくてそれほど収納力はないですが、レンズカバーなど薄いものを差し込んでおくのにはいいくらいですね。

カメラ「Canon EOS 70D」とレンズ2本を収納 余裕あるサイズ

LOWEPRO Event Messenger 150 カメラ収納

一緒に購入したカメラ「Canon EOS 70D」と、付属のレンズ2本を収納してみました。
(ダブルズームキットにしたので、レンズが2本ある)

これでもまだ余裕がありますね。

短いレンズであれば縦方向に2段重ねすることもできますし、収納力はありそうです。

モビリティも十分

カバンそのものが600gくらいとのことで、カメラとレンズを入れると2kgくらいです。

実際に全部入れて持ってみると、肩にかけるバンドのクッションがいい感じに柔らかく、肩への負担をそれほど感じませんでした。

そのまま東京〜長野と移動してみましたが、それほど負担を感じることはなかったですね。

そこそこコンパクトで、新幹線に乗って足元に置いても邪魔にはなりません。
これなら旅のお供にもいいかな。

必要十分な収納力

バラバラ紹介してきたのをまとめると、これだけ入れても余裕あり、というところです。

  • カメラ本体 (Canon EOS 70D)
  • レンズ (EF-S 18-55mm)
  • レンズ (EF-S 55-250mm)
  • 予備バッテリー
  • 充電器
  • USBケーブル
  • SDカード
  • カメラに付いていた説明書一式

これに加え、

  • iPadなどのタブレット
  • レンズの保護フィルムの予備
  • ストロボ
  • 短めのレンズ

を追加してもまだ入りそうです。

おわりに

一眼レフカメラ「Canon EOS 70D」のお供に購入したカメラカバン「LOWEPRO Event Messenger 150」。

私の持っている構成なら必要十分な収納力でよかったです。
長距離移動するときも、このセットで持ち運ぶことはできそうです。

もう少し余裕があるので、備品が増えたり、レンズが増えたりしても対応できそうです。

爆発的に増えちゃうと入らないでしょうが・・・しばらくは増えることもないでしょうから、十分ですね。

カメラのコクピットになり、フルセットで持ち運べる収納力があり、これ1個あればカメラ関係のものはひとまとめにできそうです。

ちょうど良さげなカバンが見つかってよかったです。

関連記事:

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー]
長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。
フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。
また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。
・コーチングのお申し込みはこちら
・メルマガの登録はこちら
・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!