嫁さんが職場から珍しい食材をもらってきました。

こちらです。

Sean 2013111801

デン!

Sean 2013111802

デデン!

なんと、鹿の肝臓だそうです!レバーですよ!鹿レバー!

なにかと鹿肉はもらってくるのでよく食べてましたが、レバーは初めてお目にかかりました。

嫁さんがこれを持ち帰ったのはもう20時過ぎてて、夜も遅い時間帯でしたが・・・

冷凍もしてない生のレバーですよ。

おそらく、今日、摘出されたばかりの新鮮素材ではないでしょうか。

だから、このまま冷凍庫に入れるのは勿体無い。

食べちゃおっと!

ジビエ食材 鹿のレバーをどうやって食べるか

さて、新鮮の生レバーなのですが、嫁さんがもらってくる際に、「そのまま食べるのは絶対ダメ」だと言われたそうなので、ちゃんと調理します。

なにせ、野生の鹿みたいですからね・・・いわゆるジビエってやつです。

何が住んでいるか分からないので、ちゃんと火を通しますよ。

もうシンプルに焼いて食べましょう。

今回のレシピはこんな感じで。

  • 鹿のレバー 600g以上 (推定)
  • 塩コショウ かなり
  • 粗挽き胡椒 かなり

大体鹿のレバーって1kgぐらいあるらしいので、多分この塊は1匹分なんでしょうね。

真ん中で切られているようで、組み合わせればレバーぽい形になりますから。

鹿のレバーをスライス

ということで、スライスしていきます。

Sean 2013111803

触り心地といい、切り心地といい・・・なんとも言えない感触です。

筋肉とは違いますね、やっぱり。

Sean 2013111804

スライス、スライス。

鹿レバーを焼いて塩コショウをかけまくる!

スライスしたら、フライパンに軽く油を敷いて焼いていきます。

Sean 2013111805
Sean 2013111806

血が出ているのかな?結構油がでてきましたね。

鹿肉なので少しクセのある臭いがすると思ったら、そうでもなかったですね。

新鮮だったのでしょうね。

非常に食欲を刺激する、美味そうな臭いでした。

焼いて、塩コショウをかけまくった上に、粗挽き胡椒をゴリゴリかけて味をつけていきます。

鹿レバー焼き肉、完成!

Sean 2013111807

できました!

塩コショウで味付けしただけのシンプル調理です。
(我が家には焼き肉のタレとか常備してないもので・・・)

これがまたウマイのなんのって! (シカですけどね)

レモンをつけてもウマそうでした (シカですけどね)

今思うと、ポン酢なんかもいけたかもしれません。

焼肉屋で食べる牛のレバーなどとそれほど違いがあるとは思いませんでした。

新鮮だったからか、臭みはほとんどなくて、サッパリしてました。

これまで食べたレバーの中で最もウマかったです (シカですけどね←しつこい)

併せて飲んだビール的なものが進むのなんのって。

晩飯に焼きそばを食べてそれなりにお腹いっぱいだったのですが、レバーとはいえ肉の塊600g以上を2人であっという間に平らげてしまいました。

いや〜、これはまた食べたいですね ( ̄▽ ̄)

こちらの記事もどうぞ!

無料メールセミナー

お知らせ

iWAMコーチング モニター募集中!

あなたの行動特性を分析することで、みるみるやる気が湧いてくる"ツボ"がピンポイントでわかる!

iWAMコーチングセッション

モニター価格 16,200円 (税込み)

※4月中のお申し込みに限ります。

これまでセミナーやコーチング、カウンセリングなどを受けてもイマイチ踏み出せていない・・・という人にもオススメです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あなたやる気スイッチをピンポイントで押す!
iWAMコーチング

フリーランスとして独立し、働き方、働く時間、報酬をコントロールできるようになる90日間コーチングプログラム

「転職や起業を考えているシステムエンジニアの方」に「フリーランスとして独立」するという選択肢を増やし、新しい働き方を知ることで「自分らしいライフスタイルを実現する」ことを目的としているプログラムです。

詳しくはこちら

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

メールセミナーのご登録はこちらから

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガのご登録はこちらから

Facebookページ

ブログの更新情報や最新のコーチングプログラムなど、最新情報をタイムリーにFacebookページで配信しています。下の画像をクリックしてFacebookページをフォローし、最新情報をゲットしてください!