今週末7/13 (土)に開催するセミナー『書くことが30倍楽しくなる!「書くだけセラピー」』を撮影したり、あとはブログの中に動画も混ぜたりしていきたいと思い、こちらのWebカメラを購入しました。

早速、我が家のMacBook Pro (13-inch, Early 2011)で使ってみたところ、まるで使い物にならず・・・
パッケージにはMac対応と謳っているのに・・・

色々奮闘して、ようやく使えそうになってきたので、こちらの記事でまとめておきます。

そもそもどうしてこのWebカメラを買ったのか

今度のセミナーを撮影してみようかな、と考えたときに、デジタルビデオカメラを買うことも考えましたが、最近ではWebカメラの性能も上がっており、案外Webカメラでも行けるんじゃない?なんて思ったのが事の始まりです。

Webカメラなら安価に導入できますし、どうせ動画はMacで編集するのだから、パソコンとの親和性も高いWebカメラでうまく撮れれば面白いな、と。

そんな訳で、地元で一番大きなお店、ヤマダ電機に行き、熟考に熟考を重ねて買ったのです。

・Webカメラ「iBUFFALO マイク内蔵320万画素 F2.2ガラスレンズ搭載 BSW32KM03SV」を買ってみた!2013年後半は動画配信も混ぜていこう!

Sean 2013070401

いきなり、ハマる

買って帰って、早速MacBook Proにつないでみたら、いきなりハマりました (-“-;

取説にしろユーティリティにしろ、Windowsのことしか書いてなくて、Macのことなんて一言もない。
どうやって撮影したらいいか、よく分からなかったのです (^^;

・MacでWebカメラを使おうとしたら、いきなりハマってしまった件

Ss 2013070401

まあ、カメラが使えるアプリのことを知らなかったわけですが。

Macに標準でついている「Photo Booth」や「Quick Time Player」といったアプリを使えばよかったんですね。

普通に撮影してみて、普通に使えなかった・・・

MacBook Proはカメラを認識しているし、使えることがわかったので、早速撮影テストをしてみますが・・・

・Macユーザは買っちゃダメだったかな・・・Webカメラ「iBUFFALO マイク内蔵320万画素 F2.2ガラスレンズ搭載 BSW32KM03SV」で動画撮影テスト

ss_2013070501.png

ss_2013070502.png

なんじゃこりゃ。カクカクして酷いものだ・・・ (=”=;

「Webカメラ (BSW32KM03)の撮影テスト on MacBookPro (13-inch, Early 2011) 」

MacBook Pro内蔵カメラ FaceTime HDの撮影と比べても、ダメダメすぎます。

「MacBook Pro (13-inch, Early 2011)内蔵カメラでの撮影テスト 」

どうにもこのままじゃ使い物になりそうにありません。

どうにかフレームレートを上げられないか、調査してみる

カクカクっぷりはフレームレートが原因なのでは、と思い、色々調査してみたところ・・・明るいところを撮影すると、フレームレートが上がるとのこと。

早速実験してみます。

・Webカメラのフレームレートを変更するには、明るくすればいい???

Ss 2013070503

うん、確かにフレームレートは上がりました!
カクカクっぷりも解消されています。

「Webカメラ (BSW32KM03)でLEDを撮影 on MacBookPro (13-inch, Early 2011) 」

ただ、私の背景はいつも後光が指しているわけではないので、これじゃあ実用的じゃありません・・・

UVC (USB Video Class)対応のユーティリティを試す

どうにかソフトウェア的にフレームレートを変更できないか調べてみましたが、直接フレームレートを調整することはできそうにありません。

付属のユーティリティが使えれば何かできそうなんですが、あいにくWindowsにしか対応してないので、役立たずです。

ここは発想を変えてみます。

このカメラ、UVC (USB Video Class)という規格に対応しているのでMacで使えるようなのですが、それならUVCに対応したユーティリティがあれば何かできるのではないか、と思い、探してみたところ・・・

そういうアプリがありました!

Diemension9 » [mac, uvc-ctrl] new, mainly bugfix version of uvc-ctrl

早速ダウンロードして使ってみたら、うまくいきましたよ!
フレームレートを上げることに成功しました。

「Webカメラ (BSW32KM03)で露出を調整 on MacBookPro (13-inch, Early 2011) 」

・MacでWebカメラ「iBUFFALO マイク内蔵320万画素 F2.2ガラスレンズ搭載 BSW32KM03SV」を使い物にする方法

Ss 2013070803

これなら、MacBook Proの内蔵カメラ FaceTime HDに匹敵するクオリティです。

「Webカメラ (BSW32KM03)で露出を調整して撮影 on MacBookPro (13-inch, Early 2011) 」

ようやく、実用の目処が立ってホッとしました・・・

まとめ

とまあ、色々考えて試してみて、なんとか実用の目処が立ちました。

結論としては、このWebカメラは避けて、Macユーザの方が困らず使えているという、ロジクールのc270やc920を使えということだと思います (^^;

c270なんて2,000円以下で買うちゃうので、Webカメラをやってみようかな、という方にはいいのではないでしょうか。

120万画素とのことですが、普通に十分な画素数ですからね。

私が買ったWebカメラ iBUFFALO BSW32KM03SV は、Macユーザにはオススメしません・・・ (-“-;
同じような症状のカメラを買っちゃった人は、こちらで紹介したことを試してみる価値はあるかもしれません。

無料メールセミナー

お知らせ

iWAMコーチング モニター募集中!

あなたの行動特性を分析することで、みるみるやる気が湧いてくる"ツボ"がピンポイントでわかる!

iWAMコーチングセッション

モニター価格 16,200円 (税込み)

※4月中のお申し込みに限ります。

これまでセミナーやコーチング、カウンセリングなどを受けてもイマイチ踏み出せていない・・・という人にもオススメです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あなたやる気スイッチをピンポイントで押す!
iWAMコーチング

フリーランスとして独立し、働き方、働く時間、報酬をコントロールできるようになる90日間コーチングプログラム

「転職や起業を考えているシステムエンジニアの方」に「フリーランスとして独立」するという選択肢を増やし、新しい働き方を知ることで「自分らしいライフスタイルを実現する」ことを目的としているプログラムです。

詳しくはこちら

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

メールセミナーのご登録はこちらから

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガのご登録はこちらから

Facebookページ

ブログの更新情報や最新のコーチングプログラムなど、最新情報をタイムリーにFacebookページで配信しています。下の画像をクリックしてFacebookページをフォローし、最新情報をゲットしてください!