2013年後半は動画配信なんかもまぜていきたいと思い、Webカメラを買ってみました。

が、どうも想定していたスペックが出ていない感じがします。

撮影してみたら、とてもカクカクなんですよね・・・さあ、どうしたものか・・・(-“-;

今回、買ったWebカメラはこちら。

続・フレームレートを疑ってみる

カクカク過ぎるのはフレームレートの問題かと思い、色々調べてみると、明るいところを撮ればフレームレートが上がるそうなので、やってみました。

Ss 2013070503

結果はグレートです。LEDを撮ってみたら、フレームレートは上がりました。

ただ、私の背景にいつも後光が指しているわけではないので、これじゃ実用的じゃない。

何かもっとうまいことが無いか探してみました。

ソフトウェアでフレームレートを直接調整できないか?

ソフトウェアで直接フレームレートを上げる方法について調べてみましたが、見当たらず。

Webカメラに付属しているユーティリティが使えれば何かできそうなのですが、Windows専用なので役立たず。

さて、どうしたものか。

行き詰まってしまったので、また別の発想でトライしてみることにします。

露出を調整するアプリを発見!

そういえば、そもそもMacに挿しただけで使えるということは、何か標準的なドライバを使っているということでは?と思い当たりました。

Webカメラのパッケージを改めて見回してみます。

UVC (USB Video Class)対応か。これが怪しいな。

UVCについて調べてみると、USBカメラの標準規格だそうで、こいつのお陰でMacに挿しただけで動いている模様です。

それなら、UVCに準拠したユーティリティがあるんじゃないかと思って、また探してみたところ・・・

ありました!

Diemension9 » [mac, uvc-ctrl] new, mainly bugfix version of uvc-ctrl

こちらのユーティリティを使えば、MacでUVCを制御することができそうです。

ちょっと怪しげなんですが・・・とにかくやってみましょう (^^;
(この手のツールの使用は、あくまで自己責任でやりましょう!)

早速、アプリをダウンロードして実行してみると、こんな画面が出て来ました。

Ss 2013070801

この中でいじれそうなのは、「Exposure mode」というところだけのようです。

「Manual Iris」となっています。

Ss 2013070802

「Exposure mode」で何ができるか見てみると、「Manual」というモードがあるので、設定してみます。

すると、その下の「Exposure」というスライドバーが設定できるようになりました。

このバーを右に動かしたり、左に動かしたりしてみますと・・・

エクセレントです!

Exposure (露出)を調整することで、フレームレートの変化がありましたよ!

どうやらExposureを左にするほどフレームレートが上がるようです。

ここは一番左端に設定して撮影してみましょう。
デフォルトより露出を絞った状態なので、薄暗いですが・・・効果はバッチリ!

フレームレートが20fpsになりました!

Ss 2013070803

画面が薄暗い感じはしましたが、MacBook Pro内蔵カメラ FaceTime HD で撮影したものとクオリティの違いは感じられません

こちらが、その内臓カメラで撮影した動画です。

ss_2013070501.png

見比べていただければわかりますが、いい感じでしょ? (^o^)

あれこれ調査して実験してみましたが、ようやくここまで辿りつけました。
これなら使い物になりそうです。

パッケージの記載に異議あり

そもそも、このカメラを買おうと思ったのは、パッケージを見る限りMac対応と書いているし、スペックを見たところ実用に足りると思ったからです。

蓋を開けてみると、入っている取説はWindowsでの使い方しか書いてない。
ユーティリティはMacに対応していない。

ホームページを調べても、Macでなにをどうしたらいいかなんて情報提供はない。

Macでなんとか動かしてみても、パッケージにあるスペックを発揮できない。

たとえば、解像度を変更して撮影する方法が分かりません。Mac対応の適当な撮影用アプリを使えってことですかね?

ユーティリティはWindows対応のみ、Macは勝手にやってね、UVC対応だから動くは動くはずなので、自由にやってください、というスタンスでしょうか。

う〜〜ん、考えるほどなんか酷いものを掴まされた気分です (-“-;

他のメーカも同じなんですかね???

チラッと調べてみると、Macユーザの方でロジクールのc270やc920を使っている人は、特に困ったこともなく使えているようです。

c270なんて、地元のヤマダ電機で1,980円くらいでしたし、こちらのほうが安くてうまかったかもしれませんね・・・(-“-;

先に調べてから買ってくればよかったなぁ。

ということで、Macユーザの方で、Webカメラやってみようかと思う人は、ロジクールのc270あたりをまずは試してみてはいかがでしょうか (苦笑

まあ、ネタにはなったのでよしとしますか ←ブロガー魂? (笑

こちらの記事もどうぞ!

無料メールセミナー

お知らせ

iWAMコーチング モニター募集中!

あなたの行動特性を分析することで、みるみるやる気が湧いてくる"ツボ"がピンポイントでわかる!

iWAMコーチングセッション

モニター価格 16,200円 (税込み)

※3月中のお申し込みに限ります。

これまでセミナーやコーチング、カウンセリングなどを受けてもイマイチ踏み出せていない・・・という人にもオススメです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あなたやる気スイッチをピンポイントで押す!
iWAMコーチング

フリーランスとして独立し、働き方、働く時間、報酬をコントロールできるようになる90日間コーチングプログラム

「転職や起業を考えているシステムエンジニアの方」に「フリーランスとして独立」するという選択肢を増やし、新しい働き方を知ることで「自分らしいライフスタイルを実現する」ことを目的としているプログラムです。

詳しくはこちら

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

メールセミナーのご登録はこちらから

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガのご登録はこちらから

Facebookページ

ブログの更新情報や最新のコーチングプログラムなど、最新情報をタイムリーにFacebookページで配信しています。下の画像をクリックしてFacebookページをフォローし、最新情報をゲットしてください!