Mac で Windows を動かすには、以下の方法があります。

  • Bootcampを使う
  • 仮想マシンを使う (VMWare Fusionなどが有名)

私は、VMWare Fusionを使って、MacでWindowsを動かすことに成功しました。

こうすることで、Macが1台あれば、Windowsも使えるようになります。

しかも、Macを起動しながら、Macの1アプリとしてWindowsが使えるので、色々なことができる可能性を秘めています。

ss_2013010718.png

MacにWindowsを取り込んだ理由

WindowsをMacに取り込んだ理由の1つは、上の記事に書いていますが、Windows機のメンテナンスをやめ、物理的に破棄するためです。

もう1つは、Windowsでしか動かないアプリを使うためです。

個人事業主として開業したので、確定申告に向け、事業用の経費を集計しているのですが、それを支援してくれるMac用アプリはとても少ないんですよね。

いわゆる青色申告用のアプリです。
青色申告に対応し、収支を複式簿記として記帳できるアプリです。

「弥生」や「ソリマチ」あたりが有名どころのようですね。

これらのアプリがMac対応だったらよかったんですが、生憎Windows専用なのです (・_・;)

Mac専用のアプリもありますが、利用者のレビューなどを参考にすると、どうも使い勝手としては「弥生」などの方に軍配が上がるようです。

ここは青色申告ビギナーらしく、堅いところでやってみたいところ。

結局、「やよいの青色申告」の体験版をインストールしてみることにしました。

Windows on Macで「やよいの青色申告」を使う

青色申告の帳簿作成ために、MacでVMWare Fusionを起動し、Windowsを起動してから「やよいの青色申告」を起動するわけですが・・・

ss_2013022101.png

正直、重いです (^^;

Macだけ、あるいはWindowsだけで作業していればそこまで重くはないのですが、MacとWindowsの作業を行き来すると、えらくメモリやCPUを消費するようで、毎度毎度待ち時間が発生しています。

実際の作業としては、収支データの元はMacのNumbersに集計しており、Numbersをにらめっこしながら「やよいの青色申告」に入力しているので、まさに、MacとWindowsの作業を行き来するように使っているんですね。

そういう操作ができることもウリなんですが、やっぱり重いのはストレスです。

VMWare FusionでWindowsを動かしている我が家のMacは、MacBook Pro (13-inch, Early 2011)なのですが、これまでメモリ増量など、Mac側のチューニングをやってきています。

それでも重いのですから、WindowsとMacを同時に使う必要があるときは、このパフォーマンスでも仕方がないと受け入れるしかないようです (^^;

あとは、HDDをSSDに換装するという、最後のチューニング計画が発動しているので、こちらでパフォーマンス改善されるといいですね。

HDDをSSDに換装したら、状況が変わるかもしれないので、そこに希望を残しつつ、確定申告に向け作業を進めていきます。

無料メールセミナー

お知らせ

iWAMコーチング

あなたの行動特性を分析することで、みるみるやる気が湧いてくる"ツボ"がピンポイントでわかる!

iWAMコーチングセッション

これまでセミナーやコーチング、カウンセリングなどを受けてもイマイチ踏み出せていない・・・という人にもオススメです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あなたやる気スイッチをピンポイントで押す!
iWAMコーチング

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

メールセミナーのご登録はこちらから

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガのご登録はこちらから

Facebookページ

ブログの更新情報や最新のコーチングプログラムなど、最新情報をタイムリーにFacebookページで配信しています。下の画像をクリックしてFacebookページをフォローし、最新情報をゲットしてください!