我が家のMacBook Pro (13-inch, Early 2011)がこのところどうも遅いので、様々なチューニングをしてみることにしました。

item_2012123001.jpg

MacBook Pro (13-inch, Early 2011)はメモリを増設可能

これまでの試みは、ソフトウェアに関するチューニングになります。

ただ、これでは限界を感じたので、ハードウェアのチューニングも考えます。

今は、どうやらメモリ周りで遅くなっている感じがしているので、メモリを増設できるか、調べてみました。

Appleの公式サイトを見てみると、メモリ増設は可能のようです。

MacBook Pro:メモリの取り外し方法と取り付け方法

公式サイトでは、私が使っているMacBook Pro (13-inch, Early 2011)は、8GBまで増設可能ということです。

希望が見えました! (^_^)v

Apple、Transcendのサイトでメモリの仕様を確認

どんなメモリがいいか、実績も含めて知りたいところ。

Apple公式サイトにメモリの仕様が載っていますが、これから調べるよりは、メモリのメーカサイトの方で対応を謳っているのでは、と思い、探してみることにします。

なんとなく、Transcendから。

Welcome to the Transcend Info Website

MacBook Proの型番を頼りに検索してみたところ・・・

ss_2012123003.png

うん、ありそうですね。

よく見ると、DDR3 1600の16GBまでいけそうな感じがするのですが・・・

ここは、Apple公式サイトにあるとおり、DDR3 1333で最大の8GBを目指しましょう。

Amazonで「MacBook Pro メモリ」を検索

Amazonで「MacBook Pro メモリ」と検索したら、いくつか候補が出てきました。

どれも似たり寄ったりな値段ですし、ちゃんと動いたというレビューが載っているので、たぶんどれでも大丈夫でしょう。

先ほど検索した、Transcend製のものにしました。

3,000円ちょっとです。

ほんと、ビックリですね。

8GBのメモリが3,000円ちょっとで買えるなんて・・・

このくらいのコストで高速化できるなら、全く惜しくないです。

精密ドライバーも合わせて購入

「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のところに精密ドライバーが載っていて、気になりました。

Apple公式サイトを見ると、メモリ増設時には、裏蓋のネジを外さないといけないようです。

手元のMacBook Proを裏返したところ、確かにネジがありますね。
しかも、このサイズだと、我が家のドライバだとネジ穴を壊しそう。

ということで、Amazonにオススメされた精密ドライバーも一緒に購入することにしました。

こちらも500円ちょっと。

2つ合わせて4,000円しないです。

悩むのも馬鹿馬鹿しいので、早速購入しました。

届いたら、早速メモリ増設してみましょう!
届くのが待ち遠しいです!!

メモリ増設編につづく。

無料メールセミナー

お知らせ

iWAMコーチング モニター募集中!

あなたの行動特性を分析することで、みるみるやる気が湧いてくる"ツボ"がピンポイントでわかる!

iWAMコーチングセッション

モニター価格 16,200円 (税込み)

※1月中のお申し込みに限ります。

これまでセミナーやコーチング、カウンセリングなどを受けてもイマイチ踏み出せていない・・・という人にもオススメです。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

あなたやる気スイッチをピンポイントで押す!
iWAMコーチング

フリーランスとして独立し、働き方、働く時間、報酬をコントロールできるようになる90日間コーチングプログラム

「転職や起業を考えているシステムエンジニアの方」に「フリーランスとして独立」するという選択肢を増やし、新しい働き方を知ることで「自分らしいライフスタイルを実現する」ことを目的としているプログラムです。

詳しくはこちら

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

メールセミナーのご登録はこちらから

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガのご登録はこちらから

Facebookページ

ブログの更新情報や最新のコーチングプログラムなど、最新情報をタイムリーにFacebookページで配信しています。下の画像をクリックしてFacebookページをフォローし、最新情報をゲットしてください!