4年ぶりにパソコンを買い換えました。

もう何年もMacユーザを買い続けていたのですが、今回はWindowsにしました。

HP-Spectre 13 パフォーマンスモデル

MacからWindowsに移行

MacからWindowsにメイン機を移行するにあたり、普段やっている作業や使っているアプリを整理しました。

そうしてシミュレーションした感じでは普通に移行はできそうだと思いました。

もちろん、「ここはMacの方がやりやすいだろうなー」という部分はありましたけどね。

実際に購入してみて、移行作業をしてみたら、かなりスムーズに移行することができました。

Mac → Windows 検討

クラウドサービスが移行作業を劇的に楽に

必要なファイル類はクラウドストレージにありますし、事業会計などは主要な業務はクラウドサービスを使っています。

おかげで、移行作業といってもクラウドサービスにログオンしてしまえば大部分の作業はおしまいでした。

これは本当に楽でしたね。

一部PagesやNumbersといった、Mac固有のアプリで作っているドキュメントはありますが、必要に応じてWordやExcelなどに移行するかな、といったところ。

ただ、直近で必要なものはGoogle DocsやSpreadSheetで作っているため、特にすぐにでもやらないとまずいものはなかったです。

Google Docsなどはクラウドサービスですから、Windowsになってもそのまま使えます。

などなど、基本的に極力OSに依存しない形でドキュメント管理をしていることもあって、クラウドストレージに同期したらほとんど移行完了でした。

アプリの選定が少し大変だった

移行作業で大変だったのはアプリの選定ですが、、、

事前にMacで使っているアプリを整理していて、Windowsだったらこのアプリかな、とあたりをつけており、ほぼその計画どおりでいけました。

MacでもWindowsでも使えるアプリもそこそこあって、半分近くは流用でしたしね。

どうせアプリはまた使いながら精査されて行くものなので、ひとまずはこれでスタートです。

おわりに

約10年ぶりにメインマシンがMacからWindowsに戻ってきました。

移行作業もさっくりできました。

ほんと、クラウドサービスのおかげでかなりスムーズにできちゃいましたね。

私のメイン環境の移行作業はしましたが、Macも併用する前提で設計していて (自宅では奥さんがMacBookを使っているし)、特に困ることもなさそうです。

随分便利になったものです。

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー]
長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。
フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。
また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。
・コーチングのお申し込みはこちら
・メルマガの登録はこちら
・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!