急性虫垂炎で11日間入院してました。

その最初の7日間は食べ物は一切禁止で、水かお茶しか口にしちゃダメだったんです・・・

1週間の点滴生活

その間はずっと点滴で栄養補充してました。

点滴生活

点滴というのは不思議なもので、あんなのをポタポタたらしてたら、お腹も空かないんですよね。

一度、20時くらいにその日の点滴がおわった日があって、その夜中にはお腹が空いてたまらなかったことはありますが (苦笑

翌日の看護師さんにそのことを伝えると、夜中まで点滴が続くよう調整してくれました (笑

8日目にしてようやく食事の許可が出る

入院してから8日目、主治医さんからようやくご飯を食べていいと言われます。

朝のうちに点滴が終わって、お昼から病院食を食べられることになりました。

病院食 お昼ごはん

こうして8日ぶりに食べ物を口にしました。

すると、なんだかこれまで感じたこともないような感覚に襲われたのです。

消化器官が動く、エネルギーを消費する

お昼ごはんを食べてすぐ、全身が熱くなって、汗までかいてきました。

そしてなんだか気だるかったことを覚えています。

しばしボーッとする感じ。

これ、1週間ぶりに消化器官を動かしたからなんでしょうね。

消化器官を動かすには、ものすごくエネルギーを使うのだと実感しました。

普段、消化器官が動くなんて当たり前すぎて、そんなことになってるなんて全然わかりませんでしたよ。

知識としては知ってても、いざ体感するとものすごいリアリティがあります。

食物からエネルギーを得るために、エネルギーを使う。

そんなことを体験しました。

3キロ痩せた

ちなみに、入院当初に比べて、退院時には3キロ痩せてました。

いうなれば絶食点滴ダイエット?

医師監修のもと、健康的に?痩せられます (笑

2日起きに血を抜かれたりしますが。

なお、退院時に消化に悪いものや刺激が強いものは控えるとか、お酒は控えるとか指示がでたので、できるだけ従ってます。

具体的には揚げ物やコーヒー、お酒などは避けています。

すると、さらに2キロくらい痩せちゃいました。

普段どんだけ飲み食いしてるんでしょうね? (苦笑

エネルギーが足りないのは、食べ過ぎだからかも

ここで思ったのは、活動するためのエネルギーが少ない人・・・

例えば、何をするにしても気だるいとか、やる気がおこらないとか、億劫になるとか、そういう症状の人は、単に食べ過ぎな人もいるのかもしれない、ということです。

消化器官にエネルギーを取られて、活動するためのエネルギーを消耗しているのかもしれません。

寝る前に何か食べちゃダメとか、食べ過ぎはよくないとか、消化にいいものを食べようとか、よく聞く話じゃないですか。

やりたいことを実現するための活動エネルギーを確保するには、食べ物や食べ方も意識する必要があるということですね。

おわりに

1週間も何も食べることなく過ごすなんて体験、なかなかしないですよね。

今回はとても貴重な体験をしました。

不健康になって改めて健康について考えるというのも、人は何度でもやり直しができるということなんでしょうね。

こちらの記事もどうぞ!

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー]
長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。
フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。
また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。
・コーチングのお申し込みはこちら
・メルマガの登録はこちら
・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!