人は問いを立てると答えを探そうとします。

だからこそ、「どんな問いを立てるか」が私たちの成果にものすごい影響を与えます。

その「問いの立て方」が私たちの現状を作り出しているといってもいいです。

あなたは役に立つ問いを立てられているでしょうか?

それとも、役に立たない問いを立ててばかりでしょうか?

思考停止する「問い」

新入社員などはよくこういう質問をすることがあります。

「どうしたらいいですか?」

これは、「問い」ではあるのですが、

「『こうしたらいい』という正解を求める問い」

になります。

もちろん、はじめてのことで右も左もわからないなら聞くしかないです。

ただ、この問いは思考停止をもたらします。

というのも、この「問い」に、質問者本人が答えるとしたら、

「わからない」

という回答になるからです。

もう思考が止まっています。

これ以上考えることができない「問い」になってしまいます。

こういう、自分が答えるとしたら、

  • 「わからない」
  • 「思いつかない」

などという回答になる「問い」は、基本的に思考停止する質問になります。

それより先に思考が進まないですからね。

思考停止

コーチングをしているときに、クライアントさんが

「こういうときはどうしたらいいですか?」

と聞いてくることも少なからずあるのですが、こういう「問い」が多い人は、どこか間違いのない、うまく行く方法を探していて、なかなか成果を得られていない感じがします。

1歩先に進む「問い」

では、こういう問いはいかがでしょう。

「例えば、こうしたらどうなるだろう?」

これなら、その仮説を実行したとして、その先に何が起こるかについて考えることができます。

もちろん、それでもまだ「わからない」かもしれません。

ただ、先の

「どうしたらいいですか?」

よりは1歩先まで考え抜くことになります。

他にも、

  • 「例えば、なにをしたらいい?」
  • 「それをしたらどうなる?」

という質問のセットにすれば、一歩も二歩も思考は進みます。

こういった、先に進むための「問い」を立てる人ほど行動も早く、成果を得ています。

先に進む

おわりに

「どうしたらいい?」と自問しちゃってもいいです。

そんなときは、

  • 「例えば、なにをしたらいい?」
  • 「それをしたらどうなる?」

という問いのセットに切り替えてみてください。

これだけでも一歩も二歩も進んだ思考になります。

もしかしたら、あなたの中にすでに答えはあって、探してもらうのを待っているのかもしれません。

ぜひ先に進むための「問い」を意識してみてください。

こちらの記事もどうぞ!

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー]
長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。
フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。
また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。
・コーチングのお申し込みはこちら
・メルマガの登録はこちら
・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!