あなたが今やっていることで、

「やった方がいい」

からやっていることは何ですか?

あなたは「やった方がいい」ということをたくさんやっていないでしょうか?

特に「やりたいこと」がないという人のお話しを聞いていると、「やった方がいい」ということにたくさん時間を割いている感じがします。

やりたい、やった方がいい、やらなければならない

私たちの行動はすごくおおざっぱに分類すると次の3つになります。

  • やりたい
  • やった方がいい
  • やらなければならない

このどれかの行動をしているので、

やりたいこと + やった方がいいこと + やらなければならないこと = 24時間

な1日を過ごしています。

問題なのはこの割合。

何だか人生が息苦しい人は、「やらなければならない」ことばかりやっている、とか。

生きがいを感じているなら、「やりたい」ことをやっている時間を多く確保していたりして。

あなたはどうですか?

やりたいことをどんどんやる!

「やった方がいい」の曲者感

で、この3つの中で一番曲者なのが、「やった方がいい」ことです。

やってもいいし、やらなくてもいいのだけれど、どちらかといえば「やった方がいい」ので、ついついそこに手をつけてしまいがちです。

他の2つ「やらなければならない」「やりたい」に手をつけるときはだいたい葛藤があるので、「やった方がいい」ことはその逃げ口にすらなっていることがあります。

それがいきすぎて、今やっていることの大部分が「やった方がいい」ことになっちゃったらどうでしょうか?

「やらなければならない」ことと「やった方がいい」ことが1日24時間を占めていると、「やりたい」ことはいつやればいいのでしょう?

やりたいことに近づけない!

「やった方がいい」は、やめる

やることがいっぱいあって、時間の確保に苦労しているときこそ「やった方がいい」を排除した方が時間の確保がしやすくなります。

そして、「やらなければならない」ことをさっさと済ませて、「やりたい」ことに時間を投入する。

とてもシンプルな時間の使い方です。

1日の行動を振り返ってみてください。

「やった方がいい」ことや「やらなければならない」ことばかりに時間を割いていないでしょうか。

そういうときは、まず「やった方がいい」をやめてみましょう。

あなたが今やっていることで、

「やった方がいい」

からやっていることは何ですか?

見直してみよう!

おわりに

私たちの1日24時間は、

やりたいこと + やった方がいいこと + やらなければならないこと = 24時間

になっています。

まずはこの分類でいうと、どういう割合になっているかなー?と考えてみてください。

「やった方がいい」割合が多いようなら、行動を見直すチャンスです。

「やりたいこと」に向かいたければ、「やった方がいい」をどんどんやめていくことです。

そうすれば「やりたいこと」のために時間を使えますからね。

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー] 長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。 フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。 また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。 ・コーチングのお申し込みはこちら ・メルマガの登録はこちら ・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

メルマガ「ワンダフルライフ」

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!