再参加していたNLPプラクティショナーコース (NLPの基礎コース)が修了しました!

昨年、NLPトレーナートレーニングに行くときに、「もう一度NLPを深く学びなおしたい」と強く思ったんですよね。

そうして改めて参加したNLPプラクティショナーは本当によかった。

一緒に参加しているメンバーと一緒に、4ヶ月くらいかけて、この成果を作り出してきましたね。

深く学ぶコツは「やる側にいる」姿勢

今回は「次は自分がこのコースを開講する」つもりで参加しました。

そのこともあってか、すごく深く学べた感じがします。

ラポールってそういうことだったのか、とか、このワークはそういうことだったのか、とか、自己一致ってそういうことだったのか、とか、理解が深まる瞬間が何度もありました。

自分がスキルを説明するつもりで聞いていると、本当に集中できるし、内容だけでなくて、説明するスキルも掴めてきます。

メンバから何か質問されたり、ワーク一緒にやったメンバにフィードバックしたりするときに、結構的確に説明できた感じがしています。

今回の成果は「普通レベルの向上」

今回の成果は、「普通のことを普通にやって、高いパフォーマンスを出せる」ことだった感じがしています。

特に気負うこともなく、しれっとやったことが、すごい成果につながる、といいますか。

少なくとも、コース開始前よりそうなっている感じがします。

このところ「どんなときでも普通でいる」というのがテーマのようで、ここに返ってきますね。

聴衆として席に座っているときも、講師として前に立っているときも、コーチングしているときも、カウンセリングしているときも、人の話を聞いているときも、怒られているときも、へこみそうなことがあるときでも、とにかく、どんなときでも、です。

「おれ、すげーことやってる!」とか思いながら頑張ってすごいことをするより、「普通にやっていることがすごい」のっていいなー、と思ったんですよね。

それってすごくないですか?

  • 普通に聞いていて問題の本質をつかめる
  • 普通に話していて相手が次々と気づきを得る、問題を解決する
  • 普通にしれっとワークをやってしまう

などなど。

こういうのって、その人の生き様というか、人格というか、そういうのが出ると思います。

こうしたニュートラルのレベルを高めることができるのが、NLPのすごいところだなと思います。

小手先のテクニックではこうは行かないですね。

自分のレベルが確実に上がったなー、と思います。

NLP Practitioner Manual

おわりに

改めてNLPプラクティショナーコースに参加して、本当によかったです。

何がどうこうという、具体的なことはないのですが、この期間中にやってきたことの集大成でしたね。

ゲシュタルトセラピーに参加したり、プレゼンテーションのトレーニングに参加したりしたのも、全部今回の成果につながっています。

そして、これは私のコーチングやカウンセリング、社員研修といった全ての事業の底上げになると確信しています。

やっぱり基礎って、大事ですね。

こちらの記事もどうぞ!

[米国NLP協会認定 NLPトレーナー、NLPコーチングトレーナー]
長野と東京の2拠点生活をしながら、より自由で豊かな人生を模索しています。
フリーランスシステムエンジニアとして、企業様向けにはプロジェクトマネージャや新入社員研修の講師 (Javaプログラミング研修など)を行っています。
また、個人の方向けにはコーチングやカウンセリングを行っており、本ブログやメルマガの執筆、ラジオ出演、セミナーなどを通じて、「すべての人がより自由で豊かな人生を」送るサポートをしています。
・コーチングのお申し込みはこちら
・メルマガの登録はこちら
・詳しいプロフィール、お問い合わせはこちら

無料メールセミナー「ファーストキャッシュコーチング」

「自分の知識、経験、スキルを活かしたオリジナルセミナーを開催し、ファーストキャッシュを得る」無料メールセミナー (全9回)をお送りしています。

ご登録はこちらから

Feedlyに登録

こちらの記事があなたの役に立ちましたら、ぜひFeedlyに登録して、ブログの更新をチェックしてください。

follow us in feedly

メルマガ好評配信中!

読んだあなたが「まず、やってみる」気持ちになるメルマガ。

あなたが「ちょっと前向きになる」よう「そっと背中を後押し」します。

メルマガの登録はこちらからどうぞ。

Facebookページ

Facebookページもあります!下の画像をクリックして登録してください!